労働時間・休日

休憩時間って誰にどうやって与える? 時間の決め方と、運用の注意点

この記事でわかること

【基礎知識】
休憩時間の必要性や、パート・アルバイトにも必要であることなど
【やること】
勤務開始から勤務終了までの、休憩時間のルールと流れについて
【よくある質問】
賃金支払いの必要性、休憩中の電話番はどうなるか?など

基礎知識

休憩時間とは、仕事の途中で、仕事から離れて自由に使える時間です。

・休憩の時間は、労働基準法で決まっています。
・労働時間が6時間超えだと業務の途中で45分、8時間超えだと60分以上の休憩が必要です。
・休憩は、従業員が自由に使える時間です。

従業員がいるすべての事業所で必要です。

労働時間が6時間を超える従業員が対象です。

 


【労働時間】

休憩時間を除く、実際働いている時間。(例:9:00~18:00勤務、休憩60分の場合の労働時間は8時間となる)



やること


勤務が1日6時間を超える従業員を確認する


パート、アルバイトでも、6時間を超える労働時間が予測される場合は、業務の途中で休憩を取得させる必要があります。


勤務を開始させる


・休憩から勤務をスタートさせることはできません(例:9:00~18:00勤務で、9:00~9:30分まで休憩はNG)
・遅刻の際に、本人が「遅刻分を休憩で対応してほしい」と希望しても、取得させることはできません 


休憩を取得させる


【必要な休憩時間】
※業務から離れて自由に使わせる必要があります。
・6時間を超える場合は、45分以上の休憩
・8時間を超える場合は、60分以上の休憩

・休憩は、全従業員一斉に与える必要があります。
・交代制や部署で異なる場合などは、労使協定で「一斉に与えないこと」についてのルールを決める必要があります。この労使協定書は、労働基準監督所に届出する必要はありません。

また、接客娯楽業、商業、運輸交通業、通信業、映画・演劇業、金融・広告業、保健衛生業では、休憩の一斉取得が難しいため、一斉ではなくてもよいことになっています。



【労使協定書】

会社と従業員代表者が、約束ごとについて書面で交わす契約。ここでは休憩を全従業員に一斉に与えない約束を指します。(参考|記事下部に「関連記事」あり)


     


勤務終了  


・終業時刻と休憩時間の終わりを同時刻にすることはできません(
例:9:00~18:00勤務で、17:00~18:00まで休憩はNG)
・休憩なしで早く帰りたいと従業員が希望しても、認められません。

 

Q&A


Q:休憩時間の賃金は支払いは必要ですか?

必要ありません。

Q:当初6時間勤務の予定でしたが、30分残業をしてもらうことになりました。この場合も休憩は必要ですか?

必要です。残業で労働時間が6時間を超える場合は、45分の休憩を業務の途中で与えないといけません。

Q:休憩中、会社にかかってきた電話の対応をするように伝えています。この場合は、休憩を取らせたことになりますか?

なりません。休憩は、従業員が業務から離れ、自由に使える必要があります。そのため、休憩時間中にかかってくる電話を取らないといけない場合は「手待ち時間」となり、休憩の扱いにはなりません。


【手待ち時間】

いつでも業務ができるよう待機している時間。タクシードライバーの客待ち、ドライバーが荷物を降ろす順番待ち、休憩中の来客の対応などは労働時間になります。


Q:1時間休憩を分けて与えることはできますか?

できます。たとえば「45分と15分に分ける」などは可能です。

ただし、注意が必要です。休憩時間は、労働者が自由に利用でき、業務から離れる時間を保障するものです。休憩時間があまりにも短いと業務から離れられず、業務との区分があいまいになったり、業務はしていないが会社からその場にいるよういわれ、手待ち時間のような状態になる可能性もあります。こういった場合は「休憩時間」ではなく「労働時間」となります。

 


休憩時間の関連記事

 

よりよい会社をつくるために

休憩時間は、従業員のモチベーションを保つためにも、そして健康的に働いてもらうためにも重要なルールです。特に立ち仕事や肉体労働、常に緊張が求められる職場では、中途で適度に休憩を挟まないと、長く勤務することも難しくなってしまうでしょう。従業員にイキイキと、前向きに仕事をしてもらうためにも、休憩のルールをあいまいにせず運用しましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 【社員へのメール例文付き】台風や地震、どう対応する?会社がすべきことと補償につい…

関連記事

  1. 管理監督者の3つの条件

    労働時間・休日

    管理監督者の3つの条件と、管理職との違いとは

    この記事でわかること・管理職と管理監督者の違い・管理監督者…

  2. 労働時間・休日

    直行直帰の管理方法は? 労働時間と残業時間の考え方

    この記事でわかること・直行直帰のメリットとデメリット・直行…

  3. 労働時間・休日

    従業員の半休にどう対応するか 休憩時間・残業代の考え方 

    この記事でわかること・半休の日に残業をしたらどうなるか、割増賃…

  4. 労働時間・休日

    【社員へのメール例文付き】台風や地震、どう対応する?会社がすべきことと補償について

    この記事でわかること・災害で出勤できないとき、出社の状況によっ…

  5. 労働時間・休日

    社員は何時間まで働いてもらえる? 法定労働時間・所定労働時間と、残業代の計算方法

    この記事でわかること・労働時間には、法定労働時間と所定労働時間…

  6. 労働時間・休日

    【会員限定】間違いやすい振替休日と代休の違い  運用のポイントと注意点

    これは会員限定記事です。パスワードをお持ちの方はご入力ください。お持ち…

ピックアップ記事

よく検索される記事

  1. 就業規則には3ステップ必要

会員限定記事

最近の記事

  1. 有給休暇5日取得義務、何からすればいい? 時季指定と、運用の…
  2. 内定取り消し、したくなったらどうする?何を検討する?
  3. インフルエンザにかかりました…の連絡が来た! 流行期の前に決…
  4. 年金事務所の調査、何を準備する? 必要書類から当日の流れまで…
  5. マイカー通勤規定 どうやってつくればいい?
  1. 雇用管理

    内定取り消し、したくなったらどうする?何を検討する?
  2. 労働時間・休日

    残業申請の導入の流れ 就業規則で定めるべき運用方法と注意点
  3. 給与・賞与

    最低賃金とは? 含まれない手当や、未払い時の罰則について
  4. 飲み会や休日は労働時間か

    労働時間・休日

    飲み会や掃除は労働時間?労働時間の考え方の基本
  5. 基本

    【会員限定】労務担当者のためのマイナンバー解説 「収集/保管/管理/処分」の取り…
PAGE TOP